開催まで

...

Under Armour: Women's Running and other sports

スタート: 明日(金) 21:00

「アスリートが持てる能力を最大限に発揮できるような、もっと高機能なウェアを開発したい」。メリーランド大学のアメリカンフットボールの選手であったケビン・ブランクは、練習や試合のたびにショルダーパッドの下のコットンシャツが汗で重くなり、べたべたまとわりつくことを不快に思っていました。1996年、それをどうにかしたい!という思いから生まれたのが、「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」です。幼いころからトップアスリートだったケビンは、自分自身や仲間たちで試作品を試し、その感想から改良を重ねていきました。ついに完成にに至った「UNDER ARMOUR」は、当初は見慣れない身体にフィットするつくり。それを身に付けたアスリートたちは、他のチームメイトから好奇の目を向けられていたりもしたのですが、練習後にその差は歴然。汗びっしょりの他のチームメイトに対し、「UNDER ARMOUR」を身に付けていた選手たちは涼しい顔だったのです。こうして、次々にファンを増やし、その機能性が伝わっていくことになり、今や身体にぴったり密着するウェアはスポーツ界のスタンダードとなっていったのです。多くのアスリートの信頼を得て開発されたアクティブウェアで、スポーツシーンをより快適にしてはいかがでしょう。