Sans Arcidet

Sans Arcidet


1996年、インド洋に浮かぶマダガスカル島にて、三姉妹の長女コリンヌは特産物であるラフィアを使用した最初のコレクションを発表。2000年、双子の姉妹であるシルヴィーとミリアムが加わり、フランス・パリを拠点とするサンアルシデ社として正式にスタートしました。「Sans Arcidet(サンアルシデ)」コレクションは、モダンでオリジナリティーに溢れたかごバッグの代名詞。細部までこだわったシックなディテールと、そのクオリティーの高さから、“ラグジュアリー”のカテゴリーに分類されるコレクションとなりました。そしてオリジナリティーだけでなく、商品としての仕上がりの美しさも追い求め、常に作り手としての努力を怠りません。「Sans Arcidet」が使用するラフィアは、マダガスカルの西海岸エリアにある、Majunga地方の自然公園に生息するラフィアヤシの葉から取れる高品質なもの。ラフィアを使用したコレクションは、マダガスカルの約350名にものぼる有能な職人によるハンドメイドです。このことを大変誇りに思っており、そこで働く職人たちが確固たる社会的地位を得るために協力し、その結果、彼らの労働条件や生活環境の改善に一役買っています。また、環境にも大きな関心を寄せており、作業場で使用する水にも浄化装置を設置し、地域の池や田園の保護にも努めています。

終了しました

本イベントは終了しました。

MILLEPORTEでは、毎週100ものニューブランドをラインアップしています。
毎日夜9時にイベントをスタート。メンバー限定のオファーをぜひお見逃しなく。