Orrefors/KOSTA BODA

Orrefors/KOSTA BODA


「Orrefors(オレフォス)」社は、1726年にスウェーデン南部のスモーランド地方に鉄工所として設立され、その後1898年からガラスの生産を開始しました。「Orre」はスウェーデン語で“黒い雷鳥”、「Fors」は“川の流れ”を意味し、雷鳥はロゴにも使用されています。1917年に専任デザイナーとして迎え入れた若い画家、シモン・ガーテとエドワード・ハルドが生み出したシンプルでモダンなクリスタルは、8年後の1925年、パリ万国博覧会で国際的に高く評価されて世界的なブランドへと飛躍。ワイングラスはノーベル賞の晩餐会でも使用されています。 KOSTABODA(コスタ ボダ)は、1742年スウェーデン南部のスモーランド地方で設立されたガラス工場「コスタ」に始まる。社名はスウェーデン国王カール12世配下の二人の将軍アンダース・コスクルとスタン・フォン・ホルステンの名前を組み合わせて作られ、ヨーロッパの現存するガラス工場の中で一番古い歴史をもつ。 その後、「ボダ」社との合併を経て71年社名を「コスタ ボダ」とした。芸術性、カラー、デザインにおいて類を見ない特徴的なブランドとして世界中にファンをもち、スウェーデン王室の晩餐会でも使用されている。現在も一流の芸術家でもある専属デザイナー達と熟練した職人達の息のあったチームプレーにより、北欧らしい芸術性あふれる製品を作り出している。

終了しました

本イベントは終了しました。

MILLEPORTEでは、毎週100ものニューブランドをラインアップしています。
毎日夜9時にイベントをスタート。メンバー限定のオファーをぜひお見逃しなく。