hanky panky

hanky panky


「hanky panky(ハンキーパンキー)」は、デザイナーのリダ・オルゼック、ゲイル・エプスタインの2人によって1977年に立ちあげられたアンダーウェアブランド。大学教授だったリダ・オルゼックは、パンツスーツを愛用し教壇に立っていましたが、黒板に向かう後姿のパンティラインに悩んでいました。Gストリングスというラインが出ない下着を着用していましたが、くい込みなどの着用感に不快を感じ、その悩みを友人のゲイル・エプスタインに相談したところ、器用な彼女は手づくりのアンダーウェアをプレゼント。そのハンカチを使った、快適な履き心地でラインが響かないアンダーウェアは、評判が広がってリクエストが高まり、「hanky panky」が誕生しました。「hanky panky」は、アンダーウェアの概念を超えた豊富なカラーバリエーションが魅力。ベーシックカラーに加え、鮮やかで美しいカラーがシーズンごとに発表されます。新しい美のかたちのデザインは、メトロポリタン美術館のパーマネントコスチュームコレクションに認定されたこともあり、そのデザイン性の高さも評価を受けています。

終了しました

本イベントは終了しました。

MILLEPORTEでは、毎週100ものニューブランドをラインアップしています。
毎日夜9時にイベントをスタート。メンバー限定のオファーをぜひお見逃しなく。