HANAE MORI

HANAE MORI


1951年、デザイナーの森英恵が創作活動を開始して以来、一貫して追求してきたテーマは“EAST MEETS WEST”。それは、東洋と西洋の融合。凛とした、品と華。ファッションは着ることだけでなく、ライフスタイルすべてにかかわるもの。女性たちが美しく豊かな毎日を過ごせるよう、「HANAE MORI(ハナエモリ)」ならではのスタイルを提案しています。

森英恵は1926年島根県生まれ。東京女子大学を卒業後、ドレスメーカー女学院でファッションを学び、51年にスタジオ「ひよしや」を設立。日本映画全盛期の時代に、数百本にも及ぶ映画の衣装を手がけました。50年代後半から60年代にかけて日本では未開だったプレタポルテを確立し、65年にはNYで初の海外コレクションを発表し、「ニーマンマーカス」など高級百貨店で成功。77年にはパリでオートクチュールメゾンをオープンし、東洋人では唯一のパリ・オートクチュール組合のメンバーとして活躍。グレース・ケリーやソフィア・ローレンなどが名を連ねました。以来現在に続くまで、日本を代表する世界的な女性デザイナーのひとりとして尊敬を集めています。

明日(月) 23:59まで