Famille Perrin

Famille Perrin


南仏、コード・デュ・ローヌを代表する造り手「Famille Perrin(ファミーユ・ペラン)」のご紹介です。ファミーユ・ペランのワイン造りは、フランス、コート・デュ・ローヌ地方のシャトーヌフ・デュ・パプ、クールテゾン村のシャトー・デュ・ボーカステルで1909年に始まりました。2代目のピエール・ペランがブドウ畑を広げ、3代目が全ての基礎を築き上げました。1964年より葡萄畑に化学肥料は一切使用していないペラン家では、葡萄の搾りかすや羊の堆肥から作った混合物を肥料とし使用しています。そうすることで、土壌の中の微生物のバランスが取れ、自然の養分によって病害に強い葡萄が生まれます。オーガニック製法にこだわり、ローヌ地方ではその先駆者として知られています。「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫いて、欧米市場を中心に幅広く支持され、ファミーユ・ペランの哲学、オーガニックやビオディナミの手法、芸術的ブレンド、南ローヌのフレッシュなアロマはすべてのワインに共通しています。自社所有の畑および契約畑、さらに長期契約農家からの買い付けブドウから造られる、歴史あるワイン。

終了しました

本イベントは終了しました。

MILLEPORTEでは、毎週100ものニューブランドをラインアップしています。
毎日夜9時にイベントをスタート。メンバー限定のオファーをぜひお見逃しなく。