Egermann

Egermann


チェコにおけるガラス製造の中心地ノヴィ・ボール地方で、ガラス職人のB・フリードリッヒ・エーゲルマンにより1832年に設立された「Egermann (エーゲルマン)」。華やかで独特な色彩を持つガラスに、卓越した彫刻技術で装飾が施され、第一次世界大戦後にチェコガラス産業を再生させる原動力ともなりました。今も伝統的な技術にこだわり、全ての工程が手作業によって行われるエーゲルマンガラス。そのコレクションが生まれる工房は「ボヘミアガラスの宝箱」と呼ばれ、ボヘミアの古典的な工芸品として世界中の人々から愛されています。

本日(火) 23:59まで

ミレポルテへようこそ

今すぐ会員登録 または ログイン
会員限定オファー・新商品情報をお届けします