AMPELMANN

AMPELMANN


“アンペル”はドイツ語で信号機の意味。1961年・旧東ドイツ時代のベルリンで、当時増え続けていた交通事故から歩行者を守るために交通心理学者のカール・ペグラウが考案したピクトグラムが“アンペルマン”です。三頭身でぽっちゃりとした体型をしたアンペルマンは、通常の信号機のマークよりも光る面積が大きく視認性に優れ、またその親しみやすくユーモラスな姿が東ドイツの人たちに愛されてきました。1990年のドイツ再統一後に旧東ドイツ式の信号機が撤去されると、一時は存亡の危機に立たされましたが、市民から“アンペルマン”復活の運動が起こり、1999年には旧西ドイツ出身の産業デザイナー・マルコス・ヘックハウゼンが「AMPELMANN(アンペルマン)」ブランドを立ち上げました。現在「AMPELMANN」はベルリンを拠点に時計、ホルダーやTシャツ、カバンなど幅広いアイテムを次々と発表。2010年には日本上陸を果たしました。

終了しました

本イベントは終了しました。

MILLEPORTEでは、毎週100ものニューブランドをラインアップしています。
毎日夜9時にイベントをスタート。メンバー限定のオファーをぜひお見逃しなく。