前回のイベント

Drappier

【自然派の造り手に愛されるメゾン・シャンパーニュ】
フランスの自然派と呼ばれる造り手たちとの食事は必ずシャンパーニュ・ドラピエで始まるといいます。 パリで人気のワインショップ「カーヴ・オジェ」の薦めるシャンパーニュも、やはり「DRAPPIER(ドラピエ)」。神に祝福された声を持つと言われ、世界三大テノールのひとり、ルチアーノ・パヴァロッティは 「喉に優しい」と「DRAPPIER」のシャンパーニュを歌う前に飲んでいたといいます。「DRAPPIER」は自然と芸術を愛する人々に愛され続けるシャンパーニュです。

【大手メゾンながら家族経営を8代続ける「DRAPPIER」ファミリー】
シャンパーニュの生産地としては南端のオーヴ県ウルヴィル村に醸造所を構え、12世紀にシルタシアン派の僧侶達によって築かれた地下セラーは現在も瓶熟庫として使われており、当時からこの地でワイン造りが行われていたことを示しています。
1808年よりこの地でシャンパン造りを始めた「DRAPPIER」ファミリーは、現当主ミッシェルで8代目。他の大手メゾンとは異なり、現在まで常に家族経営を続けているのです。

【完全無農薬とノン・ドサージュを追及】
所有する53haの畑では1989年から一切の農薬を使用しない有機栽培を実践しています。きっかけは長女シャルリーンの誕生でした。「子供たちの将来を考えた葡萄栽培を今こそはじめるべきだ」。有機栽培の導入への道のりは簡単ではありませんでしたが、努力を重ね、一切の農薬を排除しながらもより良質の葡萄を収穫できるようになったのです。

【ピノ・ノワールを基軸とした低ドサージュによる葡萄本来の味わいのシャンパーニュ】
「有機栽培によって葡萄樹畑の見栄えは依然よりも悪くなった。でも、それが本来の姿だった」ウルヴィル周辺はおよそ1億4千年前のジュラ紀からの石灰石土壌が広がり、ブルゴーニュから伝来したピノ・ノワールに最適な土壌。よっ「DRAPPIER」はスタンダードラインから全てのキュヴェでピノ・ノワールが機軸となっています。しかも使われるのは25年間樽熟成された角が取れたリキュール(使用は一部キュヴェを除く)のみ。樽熟成することで蔗糖の甘さから全ての要素が馴染んだ自然で柔らかな甘味に変化していき、黒葡萄であるピノ・ノワールに良く馴染むのだといいます。

The Online Boutique

メンバーだけが利用できるファッション ライフスタイル ワイン グルメが揃うオンライン ブティック

何かが起こる、
毎晩9時。

メンバーだけの特別なブティックに
商品が揃うのは、毎晩9時。
いつも新鮮な驚きと
最旬のファッションを、あなたに。

選び抜かれた
ブランド。

専属バイヤーが厳選した
正規品の新品だけを。
それが、ミレポルテのこだわり。
世界中のいいモノを、あなたに。

ブティックを
身近に。

いつも自分のそばにある
会員制のオンライン ブティック。
好きなときに、一日の終わりに、
自由に覗ける特別を、あなたに。

ミレポルテへようこそ!

「どんなブティック?おトクなの?」メンバー特典をご案内します。

現在セール開催中